シミウスとシミトリーを徹底分析どちらを選ぶかこれでわかる!

シミウスとシミトリーどちらもオールインワンジェルでシミ対策としても有名な商品ですね

シミを解消するにはどっちがいいの?って思います。

二つの商品を比較してみました。

 

アットコスメの比較

シミウスの場合

口コミ件数1646件 口コミ評価5.2

シミトリーの場合

口コミ件数116件 口コミ評価5.3

口コミ投稿数は10倍シミウスが多いですね。それだけシミウスが注目されているとがわかりますが、口コミ評価の平均値では5.3と5.2なのでほぼ同じ点数がついています。

アットコスメでの評価の点数の満点は7点です。

化粧品では5以上があれば優秀な商品と考えられてるだけに、2つとも良い評価の化粧品であることは間違いありませんね。

成分と効果の比較


シミウスの場合

有効成分:グリチルリチン酸ジカリウム、プラセンタエキス(1)

その他の成分:水溶性コラーゲン液、シコンエキス、
サクラ葉抽出液、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、
アルニカエキス、シナノキエキス、スギナエキス、
オトギリソウエキス、セージエキス、セイヨウノコギリ
ソウエキス、ゼニアオイエキス、カモミラエキス(1)、
トウキンセンカエキス、1,3-ブチレングリコール、
プロピレングリコール、濃グリセリン、カルボキシ
ビニルポリマー、水酸化カリウム、精製水、
アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、
エタノール、1,2-ペンタンジオール、青色1号、
赤色106号、パラオキシ安息香酸メチル、香料


シミトリーの場合

有効成分:アルブチン

その他の成分:フランスカイガンショウ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、3-O-エチルスコルビン酸、ユキノシタエキス、マロニエエキス、ヒトラ2-ヘキシルデカン酸アスコルビル、シア脂、カンゾウフラボノイド、N-ステアロイルフィストフィンゴシン、オリブ油、スクワラン、トリイソステリアン酸グリセリン、硬化ナタネ油アルコール、1,2-ペンタンジオール、1,3-ブチレングリコール、精製水、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、カルボキシビニルポリマー、アルギン酸ナトリウム、水素添加大豆リン脂質、天然ビタミンE、水酸化ナトリウム、フェノキシエタノール


シミウスの美白有効成分はプラセンタです。

プラセンタの特徴は、肌がしっかりと保湿され、ターンオーバーを促進してできているシミを外部に排出しやすくします。またプラセンタはアンチエイジングにもよく使われている成分で、シワ・たるみなどのエイジングサインが出てきている人にもおすすめできるコスメです。

シミトリーの有効成分は、アルブチン(ハイドロキノン誘導体と)という美白成分とビタミンC誘導体という成分です。

アルブチンは、長く使くことで地道にシミを薄くする効果が期待できます。

また乾燥に着目してうるおいを取り戻すことに主眼を置いているため、乾燥肌の方が使っても効果を感じられるという特徴があります。

採用している技術の比較

シミウスの場合は、ダブルクリスタル製法

シミウスはマッサージジェルの側面と化粧品の側面を持つので”ダブル”クリスタル製法と名付けており、マッサージをしながらジェルを肌になじませることで肌に浸透しシミを薄くしていく効果が期待できる。

シミトリーの場合は、球状ラメラ構造

シミトリーの球状ラメラ構造はクリームの成分を髪の毛の太さの100分の1の小さなカプセルが1つ1つが水と油の層をその内部に交互に持つため、肌表面の構造と同じで肌になじみやすく浸透しやすくなっており、肌の奥のメラニン生成工場まで届きシミの発生を防ぐ効果が期待出る

価格や返品保証の比較

シミウスの場合は通常価格が 4,743円(税抜)です。

定期コースに申し込むと3,795円(税抜)です。

返品保証の期間は30日間以内

シミトリーの場合

初回3,685円(税抜)2回目以降はずっと3,981円です。

返品保証の期間は14日以内です。

 

価格を見るとシミウスの方が若干よさそうですが、シミを消したいという目的から考えてみたら、この程度の差はそこまで大きくはなく、どういう成分を使っているのかを重視する方がよさそうです。

口コミの比較

シミウスの場合

ワントーン肌が明るくなった

シミウスを使い始めて2ヶ月になります。
とても透明感のあるジェルで自分の未来の肌を暗示するような色で気分が上がります。
嬉しいことに最近顔からクスミが消えていつものファンデだと顔色が白くなりすぎるくらい明るくなりました。
ワントーン暗くしたファンデに替えても明るく見えるのですからびっくりしています。

短時間でスキンケアできて助かっている

オールインワンジェルなので忙しくあまり時間の取れない私でも短時間でスキンケアができるのが助かります。
クリームよりのジェルで伸びがとても良いです!肌馴染みも良くて少しの量でも伸びます。
乾燥肌なのでオールインワンジェルは手を出しにくかったのですが、
シミトリーは保湿にも優れているとのことだったので購入しました。
実際、つっぱる感じもなく保湿されているなと感じます。
敏感肌の私でも使えたのでこれからも使い続けみてシミ、シワのほうにも効いてくるのを期待しています。

シミトリーの場合

時間がなくても使いやすい
外回りの仕事で紫外線に当たるのが気になっていて、ちょっとポツポツできてきたな、と感じ始めていたところシミトリーに出会いました。やはり朝も夜もそんなにスキンケアする時間がないので使い勝手は非常によく、2ヶ月も使っていたらお肌も明るく感じるようになってきました。前の職場の友だちと久しぶりに会ったら、表情が明るくなったって言われました。シミトリーを使って素直に自信になったんだと思います。

敏感肌でも安心して使え
オールインワンのシミ取りクリームは画期的!面倒くさがりやさんの私でも使えます。毎日朝晩のケアで早2ヶ月になりますが、だんだんとシミが薄くなってきたし、お肌もツルツルになってきたのがわかります。7つの無添加で界面活性剤やパラベンなどが入っていないので敏感肌の私も安心です。

こんな人におすすめ

シミウス

1、シミ対策はしたいけど、どの化粧品を使っていいかわからない

2、忙しくてお手入れにあまり時間をかけられない方

3、一つのジェル1つでも保湿も乾燥対策もしたい方

4、シミ対策と同時に乾燥のケアもしたい方

5、肌荒れをなんとかしたい方

シミトリー

1、敏感肌で悩んでいるけどシミも治したい

2、一つのジェル1つでも乾燥対策や保湿もしたい方

3、肌荒れをなんとかしたい方

4、忙しくてお手入れにあまり時間をかけられない方

参考になったシミウスとシミトリーの比較記事はこちら↓

シミウス口コミのサイト

シミトリーとシミウスの比較まとめ

シミウスとシミトリーを総合的に比較してみると、価格や返品保証制度など、オールインワンジェルというポイントではほとんど差はありませんでした。

なので配合成分と効果かどちらを買うかを判断するのが良いと思います。

ミトリーに配合されているハイドロキノン誘導体やビタミンC誘導体は、シミウスに配合されているプラセンタの10倍の美白力があるので、しみを消すという目的で見るならばシミトリーにやや軍配が上がります。

シミウスは、マッサージをして初めて効果を感じシミを薄くするだけでなく、シミやたるみなどのエイジングケアとリフトアップ効果で顔が引き締まって見えるようになる期待が持てます。